男性ドクター

辛い頭痛の原因を探る【症状別に治療法をチェック】

痛みの理由を知りましょう

相談

対処法を身に付けましょう

頭痛は体の異変を知らせるシグナルとしていろいろなパターンで発症します。風邪をひいたり発熱していると頭痛が起きたり、脳梗塞や脳腫瘍のような脳の病気が原因で起こることもあります。無理のある生活環境や人間関係などで悩みを持ち、精神的にストレスを抱え込んだ結果、頭痛を発症する人もあります。中には身体的に特定の原因がないのにもかかわらず起こる偏頭痛があります。予期せず起こり、集中的に痛みが出るために仕事に手が付けられない人も多くいます。首回りの筋肉や側頭部の筋肉が凝り固まって発症する緊張型頭痛は、一定期間同じ姿勢をしている人や、デスクワークが多い場合に発症します。頭痛が起こるメカニズムは、脳周辺を取り巻く血管が拡張されることから始まります。脳の神経で主要な三叉神経は血流が強いことで圧迫されます。この圧迫が刺激となり、痛みを引き起こす炎症物質を放出して炎症を起こしています。これが頭痛の原因といえます。慢性的に起こる人は自分なりの対処法を見つけて、負担の掛からない生活をしていきましょう。

血管の拡張を抑えます

身体の不具合が原因の頭痛は、臓器や器官を治療することで自然とおさまっていきます。偏頭痛の場合、原因である脳の血管の拡張を抑える事で、治療をすることができます。病院では血管の拡張を抑える薬を処方してくれます。症状が起こってから服用しますが、いつ起こるかわからないからといって頻繁に服用していると、かえって悪化してしまう恐れがあります。薬物乱用頭痛は注意が必要で、医者に適切なアドバイスをもらうとよいでしょう。自分で偏頭痛を治すためには、首の後ろや患部を冷やすと効果的です。冷やすことで血管の拡張が抑えられます。気分をリフレッシュさせようとシャワーを浴びたり入浴すると頭部が温まり、更に血管を拡張させてしまいます。激しい運動や外出は避け、光や音などの刺激が少ない場所で安静にしていましょう。日頃摂取しているカフェインは、血管を収縮させる効果があるといわれています。コーヒーや紅茶、緑茶に含んでおり、適量を服用することでリラックスすることができます。逆に赤ワインやチョコレート、チーズは偏頭痛を悪化させてしまうことがあり取りすぎに注意しましょう。