メディカル

辛い頭痛の原因を探る【症状別に治療法をチェック】

頭が痛いときの対処

医療

頭が痛い理由とは

頭痛が起こる際には、その原因と対処法をしっかり理解しなければなりません。周知のようにその種類には、原因を取り除いたり時間が経てば回復するタイプと、重篤な状態に陥る可能性のあるタイプの、二種類あるからです。まず、その分類を考えます。頭痛の分類には、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の三種類あります。簡単に説明すると、片頭痛とは頭の片側がズキンズキン、ガンガンと痛むもので、女性に多いのが特徴です。数時間のものから数日のものまであり、じっとしていると治まることが多くあります。一方で痛み止めを服用しなければならないこともあり、受診が必要なこともあります。次に緊張型頭痛ですが、パソコン疲れや、強いストレスが生じて起こるものです。頭を締め付けられるような痛みが伴い、ストレスの原因を取り除くことで、痛みが緩和することが多く、治療を必要としないことが多くあります。最後に群発頭痛は、男性に多いと言われるタイプです。アルコールがトリガーになることがあり、お酒を飲んだ後にガンガンとした痛みがあり、これもあまり治療を必要としません。

頭が痛いときの留意点

特に、痛みが長く続く場合や、普段の痛み方と違う場合には、注意が必要です。自身のタイプを見極めて、適宜病院へかかる必要があります。また、これらタイプではくくれないものもあり、診断名として紹介していきます。頭を打った後などに起こる、外傷性くも膜下出血、硬膜下血腫というタイプも、原因がはっきりしており、強い頭痛を伴います。また、脳梗塞、脳出血やくも膜下出血は、手足の痺れや吐き気等とともに、強い痛みを併発します。他には、脳腫瘍は断続的・継続的に鼻血や痛みを伴います。これらの症状と、自分の頭痛のタイプが合致しているかを、自身や周りの人が見極めて、適切に病院にかからなければ取り返しがつかないこともあります。特に普段から「頭痛持ち」と認識している人は、注意が必要です。いつものことだから、と放置してしまうと、実は怖い病気が隠れている場合があります。しっかり、いつもと違いがあるか見る必要があります。

対症療法から予防へ

レディー

頭痛には数多くの種類があります。症状や原因要素を記録することで、医師の適切な診断を受けられ、症状を改善できるのです。頭痛の原因を知ることは、予防にも効果的です。医師という指南役の力を借りて、患者は頭痛から解放された生活を実現できるのです。

詳細を確認する

医療機関の重要性

婦人

さまざまな原因によって起きる頭痛の中でも、緊張型頭痛は生活習慣が発症に深く関わっています。片頭痛も含め、原因を遠ざけることで発症を防ぐことも可能です。市販薬よりも医師が処方する薬の方が効果も高く、専門知識に基づく医師の適切な指導も人気を呼んでいます。

詳細を確認する

歪みをただす

男性医師

頭痛はひどくなると日常生活を送ることが困難になってしまいます。姿勢が悪いことが原因であるならば、毎日無理のない範囲で姿勢を正すようにしたり、緒とした時間にストレッチを行っていくことで、頭痛を解消していくことは可能なのです。

詳細を確認する